Pocket

高尾山冬寒い服装11月12月1月2月

こんにちわ♪fromパパです!

冬にもイベントが盛りだくさんの高尾山♪
特に11月から12月・1月・2月には

紅葉祭り

初詣

節分

冬のBBQ

などなど・・・

世界一登山者の多い高尾山は盛り上がっていますよね。

小さいお子さんでも気軽に登れる標高(599m)
ご家族でちょっと登山!って思った時には最適な観光スポットです♪

 

でも冬はやっぱり寒い・・・
我が家も先日高尾山に行きましたが(11月も後半の頃)

めっちゃ寒かったです!!!

でも、ただ寒いからと言って
厚着すれば良いってものでもないんですよね~
でもやっぱり11月から12月・1月・2月はかなり寒いです。

 

今回はそんな冬の高尾山の
寒いときの服装に関してご紹介していきたいと思いますよ♪

 

それではいってみましょう~

スポンサードリンク



 

そんなに厚着はしない?服装のポイントは重ね着!!

寒い寒い冬の高尾山・・・
ついつい、防寒対策に厚着をしてしまいがちです。

でも、ただたんに厚着をすると

「めっちゃ動きづらい~~~」

「脱ぐと持ち運ぶのめんどい~~~」

なんて事になってしまいます。

 

そこで、冬の登山に最適な服装選びをパパがご紹介しますね♪

 

①ニット帽とネックウォーマー


まずは首から上です!

ニット帽ネックウォーマーの組み合わせはとても暖かいですよね♪
特にネックウォーマーはマフラーの様にかさばる事も無く
隙間も無く首元を包んでくれるのでとても重宝します。

暑くなってきても、マフラーよりもコンパクトにしまえるのが良いとこですね。

また、ニット帽も耳が隠せるアイテムなので真冬の登山には必須なアイテムです。

⇒楽天でニット帽やネックウォーマーを見てみるはコチラ♪

 

②上着の基本は3枚!!

上半身って、厚着しがち・・・
でもあんまり着こんだり、モコモコのダウンジャケットなどを着こむと
重いし、とても動きづらいです。

片道100分程度の高尾山と言えども
そこはやはり山。

しかも冬の寒い時期の登山は体力の消耗も激しいです

そんな時におすすめな上着はコレ!

  • ヒートテック
  • フリース
  • フード付きウィンドブレーカー

 

ヒートテックはもうおなじみですよね♪
体から発する水蒸気を熱エネルギーに変換してくれるすぐれものです!

ポイントはジャストサイズのものを選ぶ事。
肌との間にすき間が開くと効果は薄れるそうです。

 

フリースも薄手のわりにあったかくて重宝しますよね♪

そしてアウターのウィンドブレーカー!!

薄着でも、風を通さないものを着る事で
保温力が高まります。

さらにアウター内にホッカイロなどを仕込んでおけば安心です♪

フードがあれば、雨や風の冷たさも軽減されますよ~

 

私は、真冬でもこの3枚で十分防寒が出来ました。

リュックと背中の間にホッカイロを仕込めば完璧です♪

 

あとは登山中の体温によって、フリース脱いだりしても
そんなにかさばらないですよね♪

スポンサードリンク


③ズボンも内側はヒートテック!あとは足元に注意が必要♪

ズボンに関しても、ヒートテック着用で結構イケちゃいます!!
登山中は絶えず下半身を動かしているので
そんなにこだわらなくてもいいかもしれませんね♪

それよりも注意すべきは足元です。

靴下のスニーカーソックスはNGですね。
ヒートテックと靴の間にすき間を作ると
めっちゃ冷えてきます。

なぜかその寒さが下からじわじわ来るんですよね~

なので、長めの靴下で肌が出ないよう覆いましょう!

そして靴ですが
ま~登山なんで歩きやすい靴は鉄板ですよね。

靴下に貼るホッカイロなんかもあるので、
利用するとあったかいですよ♪

でも足の裏に貼ると、歩きにくい場合もあります。
そんな時私は、足の甲に貼っちゃいます。

結構それだけでも暖が取れますよ♪

 

④番外編の小物たち

番外編としてオススメアイテムです!

  • マスク
  • 軍手

マスクは100均などので十分です。
自分の息で暖気がネックウォーマー内まで広がりかなりあったかくなりますよ♪

 

軍手は特に子供必須だと思いました。
木の枝拾って杖にしたりとか、手すりにつかまったりとか
意外と手が汚れる事が多い山登り。

素手で汚れてしまうとなかなか洗う場所まで遠かったりするんですよね~
軍手だったら汚れてもへっちゃらだし、
寒い時もポッケに手を突っ込んだり
袖に隠す必要もないので、危なくないですよね。

 

 

どうでしょう?

そこまで厚着しなくても
ちょっとしたアイテムで、冬の高尾山を乗り切れそうですよね♪

ちなみに私はもっと薄着で山頂まで登りました!

 

赤ちゃん連れは薄着でOK!リュックや抱っこで十分あったかい♪

高尾山冬寒い服装11月12月1月2月

我が家は5人家族。

今回高尾山に登った時は、

パパ・ママ・ムスコ(5歳)・ムスコ(0歳)・ムスコ(0歳)→6か月

だったので、必然的にパパママはムスコ一人ずつを抱っこしていました。

 

パパはプラスで、オムツやお弁当の入ったリュックを持っていたので
背中にはリュック、お腹にはムスコというサンドイッチで登山に挑んだわけですが

汗びしょびしょです・・・

ちなみにパパの服装はというと

ヒートテック上下
薄手のチェックシャツ
スラックス
スニーカー

のみです。

ポイントはリュックでしたね。

ちょっと大きめの登山用リュック!
コレが効きました・・・

あったかいんですよ背中が~
赤ちゃん連れだとやっぱり荷物は多くなります。

しかも我が家は2倍です(笑)

 

夫婦で分担するよりも、
大きい登山用リュックにまとめた方が
意外としょいやすいんですよね!

こういったおおきめのリュックは
何かと使えるので1つは持っておいても良いですよ♪

あとは、足元や首元の小物類で防寒していただけですが
夜までいけましたね~

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか?
寒い冬の高尾山ですが、ポイントだけ掴めばそんなに重装備をしなくても
暖かく登れそうですよね!

ポイントは、

ニット帽
ネックウォーマー
ヒートテック
長めの靴下
リュック
マスク

赤ちゃん(笑)

山登りには動きやすい服装が一番です♪
ちょっとでも参考になれば良いと思います!

⇒楽天でメンズオススメ登山の防寒グッツを見てみる♪

⇒楽天でオススメレディース用登山の防寒グッツを見てみる♪

 

自分にぴったりのアイテムを探して、オシャレに登山⇒インスタ映えを目指しましょう(笑)

スポンサードリンク


最後までお読み頂いてありがとうございます♪

毎回壁を乗り越えながら記事を更新しているパパです。
当ブログでは、

「Twitter」「Facebook」

などで、更新情報やためになるかならないかわからない情報をつぶやいています♪

fromパパfromパパ

ママには内緒の事や、ダイエット備忘録!最近のパパ的流行りなんかつぶやいちゃってま~す♪

あたたかい応援とフォローして頂けるとめちゃめちゃうれしいです!

 

⇒ブログトップページに戻る


関連記事もチェック♪