>>本日の楽天ランキング【美容・健康家電】

【狭い部屋でも後悔しない】おすすめの室内ジャングルジムと選び方・考え方

ジャングルジムを狭い部屋に置いて早2年。部屋が狭いので購入には結構慎重になりました。

  • 狭い部屋にジャングルジムを置いたら邪魔になる
  • 子供が飽きたらいらなくなるんじゃないか?
  • 転落など事故や怪我をしてしまったらどうしよう・・
  • 大型遊具は値段が高いけど安いと心配
  • ジャングルジムを置くと部屋の雰囲気が壊れそう・・

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

fromパパ
fromパパ

特に部屋の狭さと雰囲気が気になってしまいなかなか買えませんでした

この記事「【狭い部屋でも後悔しない】おすすめ室内ジャングルジムの選び方と考え方」では、そんな我が家が購入したジャングルジムのレビューと、その他おすすめのジャングルジムや色々な使い方などを紹介していきます。

fromパパ
fromパパ

ジャングルジムのタイプによって、いろんな考え方や使い方があるので調べてびっくりしました!

おすすめのジャングルジムもピックアップしましたので紹介しますが、まずは室内で本当にジャングルジムが必要なのかどうなのかから説明していきます。

狭い室内ジャングルジムを置くときのポイント

ジャングルジムと言っても、種類が沢山あって悩んじゃいますよね。

fromパパ
fromパパ

僕もその一人でした

部屋が狭いと選択肢は少ないと思ってしまますが、買って後悔しては意味がないです。

少しでも親や子供が満足出来るように慎重に考えましょう!

折りたたみ式を選ぶ考え方

部屋が狭いとジャングルジムの候補に折りたたみ式は必然と上がってきます。

折りたたみ式のメリットは

  • 邪魔なときに折りたたんで収納出来る
  • 来客時の時などに部屋を広く使える

やっぱりコンパクトに出来る事はメリットにもなりますが、実はデメリットでもあります。

  • 折りたたんで収納すると結局使わなくなる
  • 折りたたみ式は強度が不安

部屋が狭いとコンパクトなタイプのジャングルジムが魅力的ですが、使わなくなっては本末転倒・・・

なので、狭い部屋だかと言って折りたたみ式の一択といった考え方は注意が必要です。

fromパパ
fromパパ

逆に実家などおじいちゃん・おばあちゃんの家には孫が来たときだけ使えるので良いとおもいます

部屋の雰囲気に合わせる

ジャングルジムって、正に子供の遊具っていうイメージ。

部屋狭いと、余計に目立ってしまいかなり主張が激しくなります。

せっかく部屋の雰囲気をオシャレにしたのに!って考える方もいると思いますが、そんな方には木製ややシックな色合い(ホワイトなど)のジャングルジムがおすすめです。

ブランコをや滑り台を付けるか考える

僕がジャングルジムを購入した際に考えていた中では「滑り台は必須・ブランコは不要」でした。

なぜならば、場所の問題があるから。

元々四畳半の狭い部屋にジャングルジムを置く予定だったので、ブランコまであるとかなり邪魔になると思っていました。

なので、購入時にはブランコ付きのジャングルジムは調べませんでしたが今では少し後悔しています。

ジャングルジムにブランコが付いている場合、鉄棒としても使える!

保育園でも年中になると徐々に鉄棒の運動を取り入れてきますし、これから逆上がりの壁にぶち当たる事は目に見えています。

さすがに室内用鉄棒のみを買う気にはなかなかなれない(結構高い?)のでジャングルジムに付いているのであればそれで良かったじゃん!!と今更ながら思ってます

fromパパ
fromパパ

2~3年で必要なくなると思えばあっても良かったかもー

ただしその分場所を取るしジャングルジムの周辺もスペースが無いとブランコや鉄棒は使用出来ないので、部屋が狭い場合はかなりの悩みどころだと思います。

室内ジャングルジムのメリット・デメリット(知育・動育効果は?)

室内ジャングルジムのメリットと効果

  • 公園の遊具もアグレッシブに挑戦出来るようになった
  • 自分で考えて一人遊びが出来るようになった
  • 単純に、運動能力・体力が付いた
  • 天気の悪い日でも部屋で体を動かせる

我が家には息子が4人いますが、ジャングルジムを購入したのは次男・三男の双子が2歳の時のクリスマス。

その時はまだ四男は生まれていませんでした。

そんな四男も今では2歳になりましたが、上3人と比べると明らかに体力・度胸が付いています。

現在は室内ジャングルジムの利用も四男がメインですが、棒をくぐったり立ったり滑り台を登ったりと毎日とまではいきませんが日常の運動としては申し分なく活用しています。

fromパパ
fromパパ

さすがにジャングルジムに登って立ちだすと目を離せませんが・・・

室内ジャングルジムのデメリット

  • 値段が高い
  • 邪魔になる

狭い部屋にジャングルジムを置くことの悩み以前に、そもそも値段が高い事や部屋が広くても狭くても邪魔になるというデメリットもあります。

しかし、このデメリットに関しては期間を元に考えるとそんなに負担にはならないとい思いました。

ジャングルジムの使用期間(対象年齢)は主に2歳~5歳くらいまで。(早ければ1歳から使う事も)

高価な遊具ですが、それに見合った運動訓練は十分に出来ると思います。

我が家は共働きなので、もちろん毎日公園には行けません。でも保育園が終わっても元気が有り余っている赤ちゃんや幼児はやっぱり体を動かしたい!

自分が何かしているとき(夕食の準備や洗濯など)に体を動かす訓練がてらジャングルジムで遊んでくれると寝付きも良くなるし、忙しい僕からすると助かります。

fromパパ
fromパパ

室内でこちらとの距離も近いからコミニュケーションも取りやすいし!!

さらに、子供と遊びがてら僕もジャングルジムを活用しています。

足を乗っけてストレッチしたり、滑り台に足の裏を乗せてアキレス腱伸ばしたり・・・

活発に体を動かせたい2歳~5歳くらいの期間で日割りすると高価なものですが案外費用対効果は抜群な遊具だと思います。

fromパパ
fromパパ

それよりも安く買った細かいおもちゃの方が邪魔になって捨てまくってます(飽きちゃって)・・・

3年で考えると凄い金額・・・

なので、考え方によっては狭い部屋で細かいおもちゃを沢山持ってるくらいならちょっと邪魔でも飽きの来ないジャングルジムなどおもちゃの数を調整するのは有りかと思いました。

タイプ別狭い部屋で室内ジャングルジムのおすすめと比較

実際に我が家で使っているジャングルジムも含めて、おすすめのジャングルジムを紹介します。

滑り台付き・ブランコ付き・折りたたみ式・木製orプラスチック製などを強度などを含めて紹介しますので、是非参考にしてみて下さい!

兄弟で使えて強度抜群のジャングルジム「じゃんぐりら」

我が家でも使っている木製のジャングルジムです。(ちなみに部屋は四畳半です)

決めてはやはりシンプルなデザインで木製なのでどんな部屋にも馴染みやすい事と、強度が抜群なところ。

耐荷重~約50㎏までOKなので、兄弟がいても一緒に使えます!

楽天の商品ページには、実際に滑り台を走り倒している子供の動画もあります。

至る所に配慮が考えられていて安心のジャングルジムですが、頑丈な割に意外と軽いので掃除でずらす時も楽ちんですよ♪

サイズ幅106×奥行132×高さ70cm
重量11kg
対象年齢2~6歳
耐荷重約50㎏
素材パイン無垢材(軽い!)

収納出来る!おすすめの折りたたみ式は「かんたんおりたたみ2段ジム ロングスロープ」

ネビオとが共同で作成した「かんたんおりたたみ2段ジム ロングスロープ」

めっちゃ人気のあるジャングルジムです。

  • 折りたためて収納出来る
  • 滑り台が長い(110㎝)
  • 滑り台の高さは2段階に調整出来る

遊ぶ時は思いっきり遊んで、急な来客時などはコンパクトにしまえる。でも機能性は高い。

色もモカブラウンとホワイトの2色有り、あまり室内で主張しません。

滑り台も2段階に調節出来るので子供の成長に合わせて使えるのが嬉しいですね♪

耐荷重が20㎏と二人では遊べませんが、折りたたみ式の中ではおすすめのジャングルジムです!

サイズ幅102㎝×奥行158(151)㎝×高さ75㎝
折りたたみ時サイズ幅24㎝×奥行63㎝×高さ75㎝
重量8.1㎏
対象年齢2~5歳
耐荷重約20㎏

ブランコ・鉄棒も出来る折りたたみ式なら「プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパーク」

上のおりたたみロングスロープにジャングルジムを一段追加とブランコを追加したのがコチラ!

滑り台込みだと大体畳2畳分必要になってきますが、ここまで機能が充実していると欲しくなって来ちゃいますよね。

僕は当初ブランコはいらないと思い候補から外しましたが、鉄棒も出来る!と解っていたら多分買ってました・・・

現在双子は5歳なのですが、保育園でも鉄棒が始まっています。その練習を家で出来るなんて最高ですよね!

fromパパ
fromパパ

長男の時は仕事終わりに毎日公園に行ってたのを思い出します・・・

サイズ幅151㎝×奥行157(195)㎝×高さ102㎝
折りたたみ時サイズ幅36㎝×奥行103㎝×高さ115㎝
重量14㎏
対象年齢2~5歳
耐荷重約20㎏

キャラクターで選ぶならアンパンマンが最強(おりたたみも有り!)

赤ちゃん・幼児の気を引くにはアンパンマンが最強です。

アンパンマン系のおもちゃはブランド価格なので多少他のジャングルジムより割高ですが、子供の食いつきは半端じゃないですよね♪

fromパパ
fromパパ

多分アンパンマンと一緒ならなんでも頑張れるんだと思います♪

アンパンマンシリーズには今まで紹介した機能別でラインナップされています。

特におりたたみOKとおりたたみ不可で別れているので、狭い部屋でもアンパンマンを候補にしても大丈夫ですよ♪

運動が苦手だったり、あんまり体を動かさない子にはアンパンマンで気を引くのは有りだと思います!

(まとめ)部屋が狭くてもジャングルジムがあれば楽しめる!

設置予定の部屋がどうしても狭いとジャングルジムの購入は躊躇してしまいますよね。

でも、記事でも紹介しましたがその効果は2~5歳くらいの子には最適なのも事実です。

我が家も狭いですが、子供の成長を考えると買って全く後悔しませんでした。

もしそれでも後悔しそうって思うなら一度レンタルをしてみるのもアリだと思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください