Pocket

 

私はおもに

通勤時

家族とのお出かけ時

に車を運転する事が多いのですが、
時々事故渋滞なんかにハマってしまった時にふと思います。

 

「あ~あと10分くらい早く家出てたら、もしかしたら自分があの事故に巻き込まれていたかもしれない!」

 

車の事故はいつ・どこで・どんな状況で起こるか全く予想が出来ないので、
怖いですよね~

だって自分だけではなく、一緒に乗っている家族の命まで危険にさらされるんだから・・・

 

私も今まで、

赤信号で止まったら、後ろから追突された
渋滞で居眠りをして前の車にちょっとぶつかった

などの経験ありです。
(両方すぐに警察を呼んで、怪我も無く無事処理出来ましたが)

 

最近は、アクセルとブレーキの踏み間違い事故も多くなってきていると聞きます。
特に急発進などでしょうか?

 

そこで今回は、
自分の運転を見直すためにも

とりあえず

「アクセルとブレーキの踏み方」

をおさらいしてみようと思いますよ♪

 

それではいってみましょう~

スポンサードリンク

アクセルペダルの踏み方それで合っていますか??基本の踏み方は?

いまさらですけど
アクセルペダルとブレーキペダルってどうやって踏んできますか?

意識したことない・・・

これが私の率直な感想です。
運転歴は20年ですが、今まで全く意識はしていませんでした。

例えるなら、
パソコンのキーボードのような感じでしょうか?

大体の位置も把握してるし、
慣れてくれば、ブラインドタッチにもなり手元を見る機会も無くなりますよね♪
ほとんど感覚で操作しています。

 

車のアクセルとブレーキも同じで、
ほとんど感覚で操作していますよね!

それではおさらいしてみましょう♪

 

アクセル・ブレーキペダルを踏む位置

一般的には、
足の位置はブレーキの前が良いそうです。

初心者の時って、車に乗るたびにいちいちチェックしてから乗ってたように思いますが、
いつの間にか慣れてしまって足の位置なんか意識しないですよね~

この記事を書きながら一回車に乗ってみましたが
座って、ちょうど足を延ばすとブレーキの位置でした。
アクセルはやや右側に位置します。

基本位置をブレーキペダルの前にすれば、
イザっていう時にすぐにブレーキを踏む事が出来ます。

アクセルペダルの前だと、ブレーキ踏もうと思った時に
アクセルペダルに引っかかってしまう場合もあるようです。

 

そして足は
かかとを床に付け、ペダルは足の指の付け根で踏むようなイメージ

これがおすすめになっています。
つま先で踏もうとすると、かかとは床から離れてしまいます。
宙に浮いている状態だと
力の加減が難しく、非常にやりづらいです。

急発進・急加速の原因にもなってしまいますね!

 

基本的なアクセルペダルの踏み方は?

 

それではアクセルペダルを踏んでみましょう。

今はほとんどがAT車だと思います。
AT車の場合、シフトレバーを「D」に合わせ、ブレーキから足を離すとゆっくり車は動きだします。(クリープ現象)
動き出したら、その道路状況により力を加減しつつ柔らかくアクセルペダルを踏んでいき
加速させます。

・加速してきたら、少しずつ踏み増し、法定速度以内を保てるよう調節する。

もちろん道路状況次第で、
アクセルの踏み方は変わってきますよね♪

私は結構マイペースなので、
急発進などは全くしないのですが
あまりにゆっくり車列に入って来る車も意外と危ないな~と思っちゃったり
する時もあります。

 

基本的なブレーキペダルの踏み方は?

それではブレーキは??

ブレーキも一緒です。
基本は、最初はゆっくりと踏んでいきます。

 

私はブレーキも右足で踏んでいますが、
どうやら左足で踏む人もいるそうです。

AT車が多いからですかね~??

私が免許を取ったころや子供の頃は
まだまだマニュアル車もありました。

実際にはそんなに乗った事は無いのですが、
左足はクラッチを踏む用だと認識しています。

 

上記でも書いた通り、
座ると右足の前にブレーキが来るので
左足では踏みづらいのでは??

と思っちゃいます。

また、右足と左足を使っていたら
慌てて両方踏んじゃいそうですよね(笑)

なので、怖くて左足は使った事がありません!

でも、調べて行くと左足でブレーキ操作している人も結構多いみたいですね~

 

ブレーキ操作が上手いと、同乗者を不快にさせる事もありません!
後ろに乗っていると、ちょっとしたブレーキの衝撃でも結構感じるものです。

運転手はそんなつもりはないんですけどね~

 

ブレーキを踏む時のコツは踏み方よりも
前方との間隔の掴み方だと思いますよ♪

いくら踏み方上手でも、前方の車や障害物が近かったら急ブレーキになっちゃいますね!

スポンサードリンク

アクセルとブレーキの踏み間違え事故はなぜ起こる??原因は?

それでは、
なぜアクセルとブレーキの踏み間違えは起こるのでしょう??

・ボーっとしていた
・焦っていた(パニック状態)
・他人の車に乗っていて不慣れだった
・バックするつもりだった
・駐車場での駐車で、前進と後退を繰り返していた

 

車の問題では無く、
運転手の油断や、精神状態が大きいようですね。

バックするつもりだった、
これは、私経験があります。
駐車をしようとして、切り返しを多くしていたりすると
アクセルとブレーキとシフトレバーを細かく操作しながら焦っちゃった時に
やっちゃいましたね~
幸い何事も無かったのですが、近くに人がいたり車や建物が無くて本当に良かったです

 

上記の項目で思うのが、
油断したり、集中力が散漫になったりするのは
AT車の運転のしやすさもあるんだと思います。

マニュアル車だったら、
クラッチ操作もあるので、油断するとエンスト起こすし
アクセルも急発進するほど強く踏みませんよね!

運転の姿勢も基本

右足でアクセル・ブレーキ
左足はクラッチ
左手もすぐにギヤを触れる位置
もしくはギヤを触っていたり

と、運転に集中できる姿勢を保っていられると思います。

 

AT車が駄目だとかじゃないですよ!
より快適に、操作が簡単になるほど油断やミスを起こしやすいのではないか
という私の意見です。

要は、AT車でも
きちんとした姿勢で運転に集中していれば
そんなに操作ミスは無いのだと思います。

 

アクセルペダルの踏み間違え事故!実は高齢者だけじゃない!初心者にも多いのか?

知っていましたか?

最近のニュースでは、
高齢者などお年寄りの事故がクローズアップされていますが
実は、アクセルとブレーキの踏み間違え事故で一番多いのは

20代なんです。

踏み間違え事故は
2013年には、6,448件ありましたが

年代別で見てみると

20代が22%
30代が10%前後
40代が10%前後
50代が10%前後
60代が15%
70代が17%
80代が10%前後

以上のような結果が出ています。

なんで高齢者より20代が多いのかな~なんて思いましたが、
やっぱり免許を取り立ての初心者の方が多いからでしょうかね♪

初心者の時って、
駐車は苦手ですよね~

どうしても切り返しが増えてしまいますよね!

あとは、焦ってしまう事も多々あると思います。

 

 

ちなみに海外でも高齢者事故などはあるようですが、
ドイツなどではマニュアル車の利用も多く、
日本ほど多く無いと言われているそうです。

 

やっぱり、マニュアル車は操作が面倒くさい分
他に気を取られる事も無いので、運転に集中できるようですね♪

スポンサードリンク

アクセルとブレーキの踏み間違え事故を防止する為に・・・

事故を起こさない為に一番重要な事は

注意力が散漫にならないようにする

 

これに尽きると思います。
何をしたから大丈夫とか
こんな機能が付いているから大丈夫とかでは無く

危険はいつも突然迫ってくる場合が多いです。

 

それを判断して、回避するのが
運転手の役目だと思います。

日々、技術は進化し最近では自動運転なんて事も出来るようですが

マニュアル車の方が事故率が低いのも事実です。
運転中は、しっかりとハンドルを握り
正しい姿勢で運転に集中しましょう。

集中力が無くなってきたなと思ったら、
車を止めて休む事も大切ですよ。

 

まとめ

アクセルペダルとブレーキペダルの基本的な踏み方は
かかとを床に付け、ペダルは足の指の付け根で踏むようなイメージ
(最初はゆっくりと、徐々に力を入れていく)

アクセルとブレーキの踏み間違え事故の原因は主に
注意力散漫な状態が多い

踏み間違え事故が一番多い年代は、実は20代

20代が多いのは初心者が多いからではないか??

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます♪

この記事を書いてから、車を運転すると妙に意識しちゃいますね♪

特に、周りの車に対しての警戒があがったかな~
こんな記事を書いて、事故を起こした日には
最悪の心境になりそうなので
絶対事故を起こさないように

あの若かりし、初心者の時を思い出して

安心・安全を徹底して心がけるパパ

になろうと再確認した私でした♪

スポンサードリンク